スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スマブラX』で気に食わない現象トップ3

今回も昨日に引き続きなぜか非常にネガティブな文面なので一応伏せておきます。
普段にも増して不快極まりない内容ですので、
できればご覧になるのは控えていただきたいくらいです。

『ピクミン2』をクリアした反動なのか、新しいソフトをプレイしようという気がなかなか起きず、
『スマブラX』は相変わらずシールが集まらず、小説の製作は遅々として進まず、
バイオリズムは絶不調状態。
妄想の世界にばかり浸ってないで現実に目を向けろ、
という神からのありがたい啓示なのかもしれません。

言ってる本人もまったく信じてませんが。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : スマッシュブラザーズX
ジャンル : ゲーム

スマブラX シール狂騒曲

三連休を利用してスマブラXのシール集めをやっておりました。
「今度こそコンプしたる」という気概で臨んだのですが、
案の定まったく進展がなかったのでその時の対戦記でもつづっておこうと思います。

ルール:ストック五十機
CP数:一人
アイテム:サンドバッグくんのみ
ステージ:戦場

第一回戦 ヨッシー(自分)v.s.ゼルダ(CP)
いきなり負けました。
ごろごろたまごが暴発してしまい自滅。
ヨッシー自体は決して使いづらいキャラではないはずなんですが、
私自身が使い慣れていなかったためこの様に。

第二回戦 ゼルダ(自分)v.s.サムス(CP)
これは余裕をもって勝利できました。
今作のゼルダはDXと比べて本当に桁違いの強さです。
シークの存在感がかすむぐらい。

第三回戦 プリン(自分)v.s.プリン(CP)
またも敗北。
空中でのプリンの動きを制御しきれなかったのが敗因のようです。

第四回戦 ゼロスーツサムス(自分)v.s.プリン(CP)
自分のキャラは最初サムスだったんですが、これでは勝てないと思いゼロスーツにチェンジ。
プリンは背が低く、おまけにすばしっこいので攻撃を当てるのに苦労しましたが、
何とか勝利を収めました。

以上です。
対戦ごとにシールは百枚前後集まるので、最終的には結構な数になると思うんですが、
なかなか新しいのは出てきません。

テーマ : スマッシュブラザーズX
ジャンル : ゲーム

まっがーれ↓リフレクタクル

フォックス「俺達が何とかしなければ
       確実にコーネリアは崩壊するのです
       フフ…、困ったものです」

フォックス「その科学者は
       この世界を自分にとって面白くないものだと思い込んでいる
       これは…
       ちょっとした恐怖ですよ」

どこから説明しましょうか(『亜空の使者』でアーウィンがハルバードを追跡していたことを)
(亜空軍によって)変わりゆく空間の中で
ここに出会える俺達さえ
刹那の夢ならば(『スマブラ』の舞台はイメージの中の世界なのである意味夢物語である)
後ろめたくないくらい
(大乱闘で)楽しみを感じても

悪いことにはならないでしょう
Just a 「ランドマスターッ!」
穏やかなる世界よりは
(イメージ世界の方が)お似合いですよね
時に仮想空間(要するにイメージ世界のこと)での俺は
鬼畜でしょうか
(亜空軍によるイメージ世界の)崩壊は止めたいのです
君(多分ディディー辺り)を見てると

フォックス「考えてもみてください
       我々のようなヒューマノイドや
       ディディーコング、
       キャプテン・ファルコンのような存在が
       都合よく一同に会するかのように登場するでしょうか」

エインシャント卿「私の仕事は亜空間爆弾を投下して
           入手した情報を統合思念体(という名のタブー)に報告すること」

ジェームズ「信じてもらえないかもしれないけど…
        私はこの世界のジェームズ・マクラウドではありません
        もっと別の世界から来ました(ヒント:『F-ZERO』)」

どこまで納得できますか(レックウザの攻撃をそっくりそのまま反射したリフレクターの性能を)
不可思議な現象(スマッシュアピールで始まる謎の通信会話)は続く
誰も秘密と知りながら
毎日過ごすのは
それぞれの思惑と
ちょっぴりの好奇心(ここの下り、替え歌できず)

(アピール時のふざけた)台詞は癖のような感じですよ
That’s problem 「ランドマスターッ!」
できる限りのお手伝い(ピーチとシークを載せたハルバードに向けて発砲すること)
してもいいでしょう
そしてやがて肉体さえも意味を失うべきなら
君はアンドルフでしょうか
(また復活しないか)心配なのです

フォックス「ハルバードに撃墜(おと)されたからという
       ただそれだけの理由でここ(湖)にいるんですよ」

アンドルフ「アパロイドは自律進化の可能性を秘めている」

フォックス「一番の謎は(アパロイドに寄生されたにもかかわらず生きている)ピグマです」

ジェームズ「次元の歪みの真ん中にデスボーンがいた」

フォックス「マスターハンドは
       願望(イメージ)を具現化する能力がある」

悪いことが起きたら護りましょう
Just a 「かかってこい!」
穏やかなる(イメージ)世界の為
割と戦(や)ってます
時に仮想空間(やはりイメージ世界のこと)での俺は
鬼畜でしょうか
(グレートフォックスの)崩壊は止めたいのです
君(グレートフォックスに相当無茶をさせているファルコ)を見てると
心配なのです(グレートフォックスが)
困りものです(グレートフォックスの修理代がかさんで)

エインシャント卿「情報統合思念体(という名のタブー)は
           私を通して『この世界』とコンタクトできる」

ジェームズ「信じなくてもいい
        ただ知っておいて欲しかったんです(グレートフォックスにローンがかけられていることを)」

フォックス「お察しの通り
       遊撃隊(スターフォックス)です
       そう呼んだ方がいいでしょう
       まっがーれ↓(リフレクターを展開しながら)」


あとがき:何やらおかしな電波を受信してしまったので勢いでやってしまいました。
元ネタにできるだけ忠実であろうと思っていたら、訳のわからない内容に。
というか注釈多すぎですね。

テーマ : 任天堂系
ジャンル : ゲーム

スマブラX シール地獄

私は時間が少しでもあれば、
無ければ睡眠時間を削ってでも『スマブラX』をプレイすることがあります。

というのも、シールがいつまで経っても全種類集まらないからなのです。
もちろん本気でシール収集のためだけに遊んでいるのではなく、
対戦などのついでにちょこちょこと集めて回っている程度の努力しかしていないので、
それも仕方のないことなのかも知れませんが。

ですが、それにしたってこの仕打ちはひどすぎます。
「大乱闘」でアイテムをサンドバッグくんのみ。
ストックは五十機。
シール拾いに邪魔が入らないようにCPは一人。
ステージは地形に変化のない終点や戦場を選択する。
…などのお膳立てを調え、実際にシールを百枚くらい入手しているにもかかわらず、
全然新しいシールが出て来ません。
後二枚でコンプリートできるというのに、一体どうなっているのやら。

スマブラと言えば、DX時代から私の愛用キャラであるピーチの立場はどんどん危うくなっているように感じられてなりません。
数少ない女性キャラということで多少は出番があるようには思えますが、
お色気ではゼルダやゼロスーツサムスにポジションを取られ気味だし、
かといってネタに走っても「まぁ、姫だから」の一言で片付けられてしまい、
特技の空中浮遊にしても、滑空の登場により影が薄くなってきています。
そのせいか、二次創作の場でも出番がほとんどなく、
例え出てきたとしてもせいぜいチョイ役程度の扱いで、
ストーリーに絡んでくることはほとんどありません。

と、これだけ愚痴っておきながら書くのもなんですが、
私個人としてはこの状況を別に憂いている訳ではありません。
むしろ満足しているくらいです。
これ以上ピーチの魅力を誰かに知られてたまるか!
ピーチは今の微妙なポジションにあるからこそ素敵なのだ!
地下茎はこれからもこっそりとピーチを応援していく所存であります。

…今回の文章は煩悩丸出しで我ながらキモいですね。自粛できなくて申し訳ありません。

テーマ : スマッシュブラザーズX
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ロータス

Author:ロータス
こちらは任天堂さんを始めとする各企業様とは一切関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。