スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64世代の人たち

小学校時代の級友と久しぶりに会う機会があったので、
彼らとともに、これまた久しぶりに64のゲームで遊んでいました。

まず最初に『マリオカート64』で肩慣らしをした後、
より本格的な『カスタムロボV2』の対戦を開始。
対人戦なんて数年はやっていないので、最初は私も含めて全員グダグダの状態でしたが、
級友たちも徐々に昔の勘を取り戻してきたのか、最後にはなかなかの接戦となりました。

このことを通じてわかったのは、(あえて具体的な数字を書きませんが)私たちくらいの年齢では、
やはりニンテンドウ64が、ゲームとしての頂点であったということでした。
64のソフトは小・中学校の間にはかなり浸透していたと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

カスタムロボV2 さいきょうのふたご

記事タイトルの元ネタが少しわかりにくいかもしれませんが、
これは『スーパードンキーコング3』のロストワールドのコース名から取っています。

「旅立ち編」・初期装備ステラ限定でのクリアに成功しました。
五重の塔は違法パーツがわんさか出てくるので苦戦するかと思っていましたが、
慣れれば意外とあっけなく勝つことができました。
最終戦のナナセも一度負けただけで何とか倒せましたし。
唯一手こずったのはツインズ系違法パーツをフル装備したベイオネットを使用するツルギとヤイバ。
ガンの弾自体はそれほど強くはありませんが、問題はボムとポッドの連続攻撃。
左右から迫りくるツインズボムを避けようとしたら、頭上にはツインズポッドが迫っていたりして、
これを回避できるようになるには相当の時間がかかりました。
結局は敵から距離をとりつつポッドやボムをばらまき、ダウンしたらすかさずガンで追い撃ち、
近づかれたらアタックで対処と、この方法を繰り返してなかば強引に撃破しました。
何のことはない、要するにごく普通の戦法ですね。
しかしこんなところでも基本的な技術が役に立ったりするのです。

バトルについてのまとめはこんな物でしょうか。
それにしても、改めて見るとこの作品の主人公はロクな目に遭ってませんね。
ゴライアス基地内での連戦に次ぐ連戦はある意味拷問といってもいい。
よくぞあれを文句の一つも言わずに勝ち抜いてきたものです。
もっとも本作の主人公に台詞はありませんが。
それだけでなく、自宅を友人知人に占有されるわ、
偽物が出てきて好き勝手されるわ、
ユリエにデートに誘われたり女装させられたりして振り回され、
そのせいで彼女に想いを寄せる連中(とマモル)に目をつけられて…、
いやはや、本当に悲惨な状況にありますね。
しかし、こういったタイプの周囲の濃いキャラたちに振り回される主人公というのは好きです。

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

カスタムロボV2 魁!! タクマ塾

相変わらずステラだけを使い続けて進行中の「旅立ち編」。

今日はタクマ塾を卒業してVコマンダーの称号を手に入れてまいりました。
この辺りまでくると対戦相手もさすがに手ごわくなってきます。
特に今回は初期装備を一切変更しないので、単なるゴリ押しではとうてい勝てません。
そこで重要となってくるのが、どれだけ基本に忠実な戦い方ができるか。
ここでいう基本とは、ガン、ボム、ポッドをそれぞれ別々に放つのではなく、
これらすべてを組み合わせて戦わなければならないというものです。
具体的にいえば、「ポッドではさんで、ボムでおいこみ、ガンでとどめ」。
このことを常に頭においてバトルに臨めば、
実は初期装備のパーツもけっこう使えることがわかります。

カスタムロボに限らず、基本がしっかり身についているということこそ実は一番の強みなのです。

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

カスタムロボV2 ステラの旅立ち

すこし前に立ち寄った古本屋で『カスタムロボV2』の攻略本を二束三文で購入したんですが、
それを読んでいるうちに懐かしくなり、
久しぶりに64をひっぱり出して『カスタムロボV2』をプレイしてみました。
GCのコントローラーの持ち方に慣れ切ってしまったせいか、
64のコントローラーのポジションに違和感を覚えてしまいます。

今回はシナリオモードの「旅立ち編」を、当時の記憶を思い出しつつ進めていきたいと思います。
しかし、普通にプレイするだけでは面白味に欠けるので、
当時(中学生の頃)愛用していた、
エアリアルビューティ型の「ステラ」を最初から最後まで使ってクリアしてきます。
ただし、ロボ以外は初期装備のまま、
つまりベーシックガンやスタンダード系のパーツから一切変更しません。
これで多少は難易度が上がるはずです。

まずは手始めにサンデー・マッチまでクリアしました。
今のところは何とか負けることなく進められています。

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ロータス

Author:ロータス
こちらは任天堂さんを始めとする各企業様とは一切関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。